製菓の高校で知識と技術を習得【生きた技能を身につけられる】

男女

専門学校の学費がかかる

新潟で社会福祉士になりたい人は専門学校に通うか、通信教育を選択するか考えてみましょう。それぞれ費用がかかります。通学制なら交通費も考えておきましょう。学費が安く、学習する期間が短いのは圧倒的に通信教育です。

詳しく見る

調理器具

就職に強い専門コース

製菓コースのある高校では、専門学校のように現役のパティシエから技術を学ぶことができます。沢山の職場から選べるくらい就職に強く、就職後も即戦力になれるので、将来設計が早く描けている子にとって大きな魅力があります。

詳しく見る

男女

確実に資格を取得するには

新潟にある社会福祉士の資格を取得できる専門学校は優秀な場所がとても多いです。専門学校の選び方は人それぞれで、自宅から近い場所を選ぶ人もいればオープンキャンパスで雰囲気のいい場所を選ぶ人もいます。どこも社会福祉士の資格取得に力を入れている場所ばかりです。

詳しく見る

パティシエになりたい

パティシエ

卒業資格も得られる

パティシエになるには高校を卒業してから製菓専門学校に通うか、短大や大学などの専門コースで学び、洋菓子店や菓子メーカーに就職するのが一般的です。しかし最近では製菓課程を設けている普通高校も増えてきました。こうした高校では英語や数学など通常の授業のほかに、毎週数時間〜十数時間の製菓実習を受けることができます。現役のプロを講師に招いている場合も多く、パティシエとして生きた技能を身につけられるのが特徴です。もちろん高校卒業資格も取得できるので、たとえ製菓業界以外に進むとしても、将来の就職には有利と言えるでしょう。一方、製菓専門学校でも高卒資格の取得できるコースを設けている場合があります。中学を卒業すれば受験資格が得られ、実習の合間に高校の勉強をすることになります。普通高校卒業という学歴は得られませんが、大学への進学は可能になりますし、就職先の紹介も積極的に行っています。最終的な進路は同じなので、どちらを選ぶかは本人の考え方次第です。なおパティシエになるために絶対必要な資格はないので、学校へ通わず職人にいきなり弟子入りするという方法もないわけではありません。ただし個人的な知り合いがいなければ、ハードルは高いでしょう。まず就職してから現場で通用する実力を養い、やがて独立を目指すのが普通で、製菓衛生士や菓子製造技能士を持っていれば就職するとき役立ちます。こうした資格は高校でも専門学校でも取得可能です。また、製菓に関することだけじゃなく、コーヒーに関することも知っていきたい、スキルアップしたいという方には社会人でも通うことが可能なバリスタのスクールを検討してみるといいかもしれません。食に関するライセンスを持っていれば、将来のお客様をもてなすことに繋がるでしょう。

Copyright© 2018 製菓の高校で知識と技術を習得【生きた技能を身につけられる】 All Rights Reserved.